zshrc見直し

ZSH_SYSTEM=`uname -s`
ZSH_HOSTNAME=`hostname -s`

case $ZSH_SYSTEM in
Darwin)

;;
Linux)

;;
esac

なんて感じで、システム、ホストごとで処理を切り分けることにしました。面倒くさいですからね〜個別で書き直すというのは…ついでに特定のホストに.zshrcを配布するようなスクリプトも書いてしまいました。


Comments

Popular posts from this blog

MeeGo 1.1 for NexusOne status and how to work(Using microSD and Boot vi fastboot).

Goodbye 2016, Hello 2017